サルヴァドールのブログ

新潟県にてサルヴァドールというバンドをやっております。ジャズ、ラテン、レゲェ、民族音楽、ロック、歌謡曲etc..といったジャンルをベースに主にオリジナルを作っています。カヴァーもやっております。当ブログではバンドの存在を少しでも世間に知っていただきたいという思いで、バンドの活動状況、そしてサルヴァドールの活動を通じて、音楽のみならずあらゆるシーンで御自身の世界の表現活動しておられる方々との交流・発展を目指した思いも込めて日々更新しております!

マンサンのSIXを久々に聞いて

本日のBGM 


Mansun - Six (album version) - YouTube 

 

 

Six

Six

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

次回サルヴァドール演奏♪

2018年12月23日㈰ 

「こもれびの店 よっ家」にて! 

詳細未定、随時公開予定です!!

 

☆共演バンド/ミュージシャンの方募集中! コメントから連絡くださいますようお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

↓サルヴァドール オリジナル曲 「モヒートのサンバ」

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1810021845683129&id=1028129930538995

感想をお待ちしております♪ 

 ※無料CD全国発送承ります!お気軽にお問い合わせくださいm(_ _)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

こんにちは! 

 

本日も我々サルヴァドールを少しでも世の中の人々に知っていただく為に新潟県小千谷市より発信いたします! 

 

 

最近更新の都度、アクセス数がどんどん上がっております、皆様ありがとうございますm(_ _)m

 

 

こないだの日曜、サルヴァドールドラマー、太鼓屋素浪人と23日演奏に向けての練習の為に横越まで行ってきた。 

 

 

 

行きの道中車の中で俺の永遠のフェイヴァリットバンドであるMansun(マンサン)の2ndアルバムSixを何年か振りに聞いていた。 

 

 

1998年発売でリアルタイムで聞いていたからもう、20年も経つんだなー。 

 

 

すげーいんですよ。  

 

 

泣きそうになるぐらいいいんです。 

 

 

本当、聞いていた中学の頃思い出して。 

 

俺の地元は今は村上市と合併したけど、神林村っていう、コレといった取り柄のない田舎な村で中学3年の学校帰りにチャリで隣町の坂町のツタヤまで片道30分ぐらいかけて買いに行って速攻、家でドップリ聞きまくった思い出がある。 

 

確か9月下旬ぐらいで、家の周り田んぼばっかで稲刈りが終わったばっかの時期だった。 

 

 

気温も涼しく、稲臭い空気と稲刈りが終わった寂しい田んぼの風景とこのアルバムの放つ淋しい世界が、チューボーだった俺の感性にどっぷり染み込んでいる。

 

本当Mansunって俺にとっては暫く連絡してないけど、いつまでも繋がってる地元の同級生みたいなもんで、色んな音楽聞いても決して飽きる事のないバンドなんです。 

 

一番すきなのは1st辺りなんですが、今回のSixもマジ好きなんです。 

 

 

 

複雑な変調を繰り返し、曲の展開がマニアックな上、歌詞もネガティブで病的な内容なんですけど、彼らの専売特許である美メロがそれらの要素とちょうどいいぐらいに絡みあって、とても俺の胸に響くアルバムなんです。 

 

 

一曲の平均が7分ぐらいの曲ばかりで13曲入ってるんですが、通しで一気に聞いてしまった。 

 

 

とっても才能があるバンドだったと思います。 

 

去年から本格的にソロ活動を始めた元フロントマンだったポール・ドレイパーが来日するという噂があるので絶対に行きたい!!